外壁塗装や屋根塗装・雨漏り修理なら東久留米市の外壁・屋根塗装塗り替え専門店のコートレックスにお任せください。

株式会社コートレックス

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

電話 0120-174-162

屋根カバー工法について

株式会社コートレックス

屋根は外壁以上に雨や風、紫外線の影響を受けやすい部分です。
その為、外壁塗装よりも強固な塗料を使いますが、それでもひび割れてかけてしまったり、
反り返り、金属屋根ではさびや穴あきなど塗装では補修できなくなってしまうことがあります。
また、屋根材の中には塗装ができない素材もあります。

知っておきたい基礎知識

環境によって異なりますが、屋根にも寿命があります。
寿命を迎えてしまった屋根の場合は、塗装ではなく、屋根の交換が必要です。

業社選び

屋根材 寿命
いぶし瓦 30~50年
セメント・モニエル瓦 30~40年
スレート 20~30年
アスファルトシングル 10~20年
トタン 15~20年
ガルバリウム鋼板 25~35年

また、塗装ができない屋根材の代表として、ニチハが製造したパミールがあります。
パミールはミルフィーユのように素材が何層にも重なっている屋根材ですが、層が剥がれて反り返りが発生しやすい素材です。
層が剥がれてしまっていては塗装をしても意味がないので、パミール材を使用した屋根の場合は塗装をせず、屋根カバー工法をご提案いたします。

屋根カバー工法ってどんなことをするの?

業社選び

屋根カバー工法は既存の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい防水シート、屋根を重ねて覆う工法を言います。
ほとんどの場合は薄い金属(ガルバリウム鋼板)を使用した屋根材を使用します。
全ての屋根材を新しくする葺き替えに比べ、比較的小規模で、廃材がほとんど出ないので、環境にも優しく短期間で工事が終わります。

屋根カバー工法のメリット/デメリットは?

業社選び

屋根カバー工法のメリットとして、

・廃材がほとんど発生しないので、廃材処理費もほとんど発生しない
・工期が短い
・工事中も普通に生活が可能
・二重屋根になるので、断熱性、遮熱性がよくなる
・環境にやさしい
・葺き替え工事よりも安価に施工できる


などの点があります。
反面デメリットもあります。

・屋根瓦への施工ができない(難しい)
・太陽光発電などの設置が難しくなる
・二重屋根になるので少しだけ屋根の重量が増す
・屋根の劣化状況によっては施工できない場合がある
・選択できる素材が限られる(ほぼ金属)
・屋根塗装よりも費用が高くなってしまうことがある


お客様のご自宅の状況に応じて適切なご提案をさせて頂きます。

痛んだ屋根でも塗装でなんとかなる?

お客様の中にはパミール材を使用していたり、屋根カバー工法ではなく、屋根塗装で何とかしてほしいとおっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。
コートレックスでは基本的に、お客様のご希望であっても、塗装では対応ができないといった場合には、屋根カバー工法にて施工をさせて頂きます。

業社選び

それは屋根が最も自然の影響を受け、劣化が激しい場所だからです。無理に塗装で補修をしても、数年しただけで雨漏りの原因になってしまうこともあります。それではせっかくお金をかけて塗装をしても意味がなくなってしまいます。意味のない工事はしたくありません。いや、施工いたしません。
お客様のご自宅を長持ちさせるためにも、塗装ではなく屋根カバー工法をご提案させていただきます。

まとめ

パミールを使用した屋根や、塗装では補修できない状態の屋根の際には屋根カバー工法にて、より一層長持ちができるご自宅になるよう施工をさせて頂きます。
コートレックスでは使用する屋根材を選択することもできるので、お客様のご自宅に最適の施工をご提案させていただきます。