株式会社コートレックス

今すぐ見積依頼!0120-174-162|OPEN 8:00-19:00

電話 0120-174-162

コートレックス ホーム > 新着情報 > 清瀬市に遊びにいく際に、足を運んでほしいスポットのまとめ

News

清瀬市に遊びにいく際に、足を運んでほしいスポットのまとめ

皆さんは清瀬市という町をご存じでしょうか。東京都清瀬市は、武蔵野台地の東北端手前約15km付近の平坦部に位置しており、自然ゆたかなとても住みやすい街です。今回は、この清瀬市のでの遊び方を人気スポットを交えてご紹介していきたいと思います。

 

清瀬ひまわり畑


 

まず最初に紹介するスポットは、「清瀬ひまわり畑」です。こちらは東京都清瀬市下清戸3丁目に位置するひまわり畑です。元々は地元の方が畑の肥料として栽培を始めたひまわりが、現在では約10万本という本数となっており、その広さは都内最大級を誇る約2万4000平方メートルとなっています。見ごろは8月下旬で、「清瀬ひまわりフェスティバル」という催しを毎年開催しており、全国各地から多くの観光客がこの地を訪れます。このフェスティバルでは、写真コンテストやポリネシアンダンスショー等のイベントを多数開催していて、単なるひまわり畑とは思えない程、楽しめるスポットとして有名です。開催期間は2週間とそんなに長くの間開催しているわけではありませんが、それぞれのひまわりを開花の時期をずらして育てていることもあり、期間内であれば、いつ訪れても満開のひまわりに出会えることが出来まるという都内屈指のひまわりが見れるスポットとなっています。また週末にもなると朝から小さい子どもからお年を召された方までの大勢の人が訪れるため、かなり活気にあふれた会場となります。会場内ではかき氷やソフトドリンクなどを販売しており、ひまわりに飽きてきた子どもたちはかき氷を食べたり、またあまり多くはありませんが、仮設テントにテーブルや椅子も設置されているため、そもスペースで休憩をとることも出来ます。またにんじんやナス、枝豆など近隣の農地で採れた新鮮な野菜の販売しているエリアもありますので、地産の食べ物をお土産として購入し持ち帰ることも出来ます。またひまわりの切り花も販売されているため、自宅に帰ってからもひまわりを楽しむことができます。清瀬駅から会場までは、歩くと35分程かかりますが、ひまわりフェスティバルの期間中は休日中には無料シャトルバスが運行しているので、そのバスで会場へ行くことが出来ます。東京に住んでると、なかなか自然と触れ合える機会が無いので、夏に清瀬市に遊びに行く際は、是非一度足を運んでみて下さい。開花状況につきましては、清瀬市自体が運営をしているブログで確認することも出来ますので、行く前に一度確認をしてみるといいでしょう。また、種まきから花を咲かせるまでの一連のひまわりの成長を見られるので、公式サイトもご覧になられることをおすすめします。晴れた日のひまわり畑は普段味わえないような最高のロケーションとなっており、インスタグラム用の顔出しパネルなどもありますし、是非友達に自慢できるインスタ映えの写真を撮影して行って下さい。

 

清瀬金山緑地公園


 

次に紹介するスポットは「清瀬金山緑地公園」です。ここは、広大な水辺と芝生が特徴の公園で、都心から程よい距離にあって川遊びなどの自然の遊びが出来る数少ないスポットです。週末は多くの人々でにぎわい、青々とした芝生で寝転がったり、スポーツをしたりする方が多くいらっしゃいます。この公園の一番のポイントは、大きな池とグリーンの芝生という大自然の中で、全身で深呼吸をして自然を感じれるところにあります。園内では現在は禁止となっていますが、隣接する金山橋周辺の河原では一年を通してBBQが楽しむことが出来、またこの公園へ続く柳瀬川沿いの道には70,000株の彼岸花が植えてあり、風に吹かれながら、赤い鮮やかな彼岸花の中を自転車などで走るととても良い気持ちになれます。また桜の木も植えてあるため、春には「桜のトンネル」の中を自転車で走ったり、お花見を楽しむことが出来ます。また、公園周辺には、普段見られないような生き物が多く存在しており、公園近くにある池ではカルガモや亀を見ることが出来、また夏にはホタルを観測することが出来ます。また、ときたまニワトリに出会えることができるほど、とても自然豊かな場所といえます。またこちらの柳瀬川では釣りも楽しむことができ、鯉やオイカワなどの様々な川魚を釣ることも可能です。都心から離れ、自然の中で遊ぶことで普段の疲れを癒してはいかがでしょうか。

 

田中ストロベリーファーム


 

次に紹介したいスポットは、田中ストロベリーファームです。こちらは、都内で初めて造られらたいちご狩りができるいちご園です。ここでは「高設栽培」という地面から1mくらい高くなるように設置した長い箱型の畑で育てる栽培法方法でいちごを育てており、またハウス内の地面にはシートが敷き詰められているので、足元が汚れることもなく、楽しくいちご狩りが出来る場所として人気のスポットです。田中ストロベリーファームでは、水分が多くて甘みの強い「あきひめ」や、酸味と甘味のバランスがとてもいい「べにほっぺ」、香りがよく歯ごたえがよい「やよいひめ」、そして味も香り絶品の「とちおとめ」と4種類のいちごを栽培しています。同じいちごでも全然味が違うので、いちごを食べ比べ、その美味しさを是非体験してみて下さい。またこちらの料金ですが、30分食べ放題で、大人2000円 子ども(3歳以上)1500円(税込)となっております。自分でとったイチゴは持ちかえることはできませんが、お土産用のイチゴ、またお花やキーホルダーなども販売しているため、イチゴ狩りが終わった後でも十分楽しめる内容となっているところが魅力のひとつです。フルーツの中でも特に人気が高い「いちご」をお腹いっぱいになるまで食べられるという体験は珍しく、都内でも限られた場所でしか出来ないため、まさに清瀬市特有の観光スポットといえるでしょう。清瀬市を訪れた際は、是非訪れてみて下さい。

 

まとめ


 

いかがでしたでしょうか。清瀬市は自然にあふれた街であるため、この近辺で遊ばれる方は、この「豊かな自然」を思う存分味わってみてください。今回紹介したスポット以外にも、自然と触れ合えるスポットはたくさんあるため、これを機会にさまざまな場所に足を運び、自然豊かな街を散策してみてはいかがでしょうか。